にゃんこ心理士の社会の真理

にゃんこ心理士が社会の真理を綴ります。

狼に育てられた少女アマラとカマラとは

f:id:cat-psychologist:20201123193852j:plain

  今回は狼に育てられたと言われている少女「アマラとカマラ」について伝えていけたらと思います。

 狼少女と言われた「アマラとカマラ」その物語は現在の西ベンガル州ミドナプール付近で発見されたことからはじまります。発見したのは孤児院を運営するキリスト教牧師ジョセフ・シングでした。


 シング牧師はミドナプールで布教活動の最中、モーバニの境にあるゴダムリ村にある牛小屋に泊めてもらうことになりました。このとき現地のチュナレムという男に、「近くのジャングルに恐ろしい化け物がいるから追い払ってほしい」と依頼をされました。

 シング牧師はチュナレムの依頼を引き受けてジャングルに調査に向かいうことになります。そして、ジャングル調査を開始した1920年10月17日にシロアリ塚でオオカミと暮らしている2人の少女を発見し保護することになったのです。


 シング牧師は2人を連れて10月28日にゴダムリ村を去り、11月4日にミドナプールにある自分の孤児院に到着し以後はそこで保護することになりました。

 発見当時、2人の少女の年齢は不明でしたが、シング牧師は年少の子が約1歳6ヶ月、年長の子が8歳と推定しました。そして11月24日、年少の子を「アマラ」、年長の子を「カマラ」と名づけます。

「アマラは「明るい黄色の花」カマラは「桃色のハス」、を意味します。

 

 アマラとカマラはひざや腰の関節はかたく、立ち上がったり歩いたりすることはできずに、四つ足で移動しました。食事は生肉と牛乳を好み、食べるときは手を使わず地面に置かれた皿に顔を近づけてなめるようにして口に入れたそうです…2人ともオオカミのような振る舞いを示していたのです。

 さらに聴覚や嗅覚は驚くほど鋭く、70m離れたところで捨てられた鳥の内臓を察知し、その方向に四つ足で走っていったそうです。目は暗闇でぎらぎらと光り、暗くても目が利くが、そのかわり日中は物がよく見えていないようだったそうです。

 また、暑さや寒さにもほとんど反応せず、真夜中に遠吠えのような声をたてる以外は音声を発しなかったと記録に残っています。


 シング牧師は、彼女らをなんとか人間社会に融和させようと試みました。マッサージ師(シング牧師婦人)が、2人の硬くなった関節などをからし油を使ってマッサージをしたり、食べ物を生肉以外のものを食べるれるように工夫したりして世話をしました。

 日時の経過とともに、アマラはのどが渇いているときには「ブーブー」というような声を出すようになりました。

 1921年9月、アマラとガマラは突如体調が悪化し数日間の昏睡状態となりました。医師の診察の結果、二人が寄生虫に侵されていることが判明。9月12日には寄生虫を除去手術を行ったところ、アマラの体からは全長5cm前後の寄生虫が18匹、カマラの体からは116匹排出されました。カマラは回復しましたが、アマラは9月21日に腎臓炎で死去しました。

 アマラの死を理解するとカマラは両目から涙を流し、アマラの亡骸のもとを離れようとしませんでした。アマラが死去した9月21日から9月27日まではひとりでずっと部屋の隅でうずくまっていたそうです。

 10月になってもカマラは意気消沈したままで、白痴(重度の知的障害の呼び方)のようになってしまいました。その後、シング牧師夫人がつきっきりで世話とマッサージをし、ようやく11月の半ばを過ぎる頃にカマラは以前の元気を取り戻しました。

 

 その後、カマラは直立二足歩行のための訓練を開始します。1923年6月10日に初めて2本足で立つことに成功し、少しずつではあるが言葉をしゃべるようになりました。1926年までに30ほどの単語を覚え、1927年に入ると短い簡単な文なら喋れるようになりました。

 しかし、その後1928年頃からカマラの体調は悪化し、1929年9月26日に発病。11月14日の朝4時頃、尿毒症によって死去しました。

 

【この話は真実性か?】
 「アマラとカマラ」との出来事を綴ったシング牧師の日記には、出版の際にミドナプールの地方判事E・ウェイトによる宣誓供述書、さらに主教H・パケナム・ウォルシュによる「日記の内容が真実であることを保証する」と述べた「まえがき」が付されているました。

 また、ロバート・ジングは主教のまえがきがあることや野生児の写真が残されていること、そして「フランシス・マックスフィールド教授やキングスレー・デービス教授など複数の学者からお墨付きをもらっている」ことなどを挙げ、シング牧師の日記が信頼できるものだとしています。

 しかし、多くの科学者や研究者がこの事例の真実性には数多くの矛盾点があると指摘しており、現在ではシング牧師の話は信憑性がないとされています。そして、多くの科学者や研究者はアマラとカマラは先天的障害を持った精神的知能の遅れた子供たちだったと推測しています。

 

 社会学者のウィリアム・F・オグバーンは、文化人類学者のニルマール・K・ボースとともに1951年から1952年にかけてこの逸話の真実性についての現地調査を行い、1959年に論文として発表したました。

 それによると、アマラとカマラがシングの孤児院にいたことと、カマラが言葉を話せない子どもであったことは裏づけがとれた。しかし、次のような疑問点を指摘しています。

 ・シング牧師の親族(息子、娘)を除くと、カマラを実際に見たことがあると証言する人のうち、四つんばいで移動したり生肉を食べたところを目撃した人は1人も確認されなかった。
 ※シング牧師夫妻は調査を行った時点ですでに死亡しており、アマラとカマラを保護した際に牧師と同行していたとされる人物たちについても死亡または行方不明となっていた。
 ・アマラの性格については信頼性のある証言は全く得られなかった。
 ・シング牧師の日記では、「自身がシロアリ塚から2人を救出した」と記されているが、救出したとされる日から約1年後の地方紙(「ミドナポール・ヒアタイシ」1921年10月24日付)には、「サンタル族によって救出され、のちにシングに引き渡された」と記述されており矛盾している。
 ・シング牧師のもとにアマラとカマラが連れてこられたのを目撃したとの陳述もあった。
 ・日記によると、救出した村の名前は「ゴダムリ」とされているが、地図、税金や人口調査の記録、実地の調査を行ってもその村を発見できなかった。


 1993年、オグバーンと共に、「Wolf Boy of Agra and Feral Children and Autistic Children」を共同執筆した発達心理学者、作家のブルーノ・ベッテルハイムは、少女2人が生まれつき精神的、身体的に障害を持って生まれてきたと述べています。


 また、大学講師の梁井貴史は以下のような疑問点から、この2人がオオカミによって育てられたとすることに否定的な見解を示しています。

 ・授乳の問題。オオカミのメスは積極的に乳を与えず、ヒトの乳児も乳首を口元に持って行かないと乳を吸わないため、授乳が成立しない。また、ヒトとオオカミでは母乳の成分が違うためヒトには消化できない。

 ・移動の問題。オオカミの群れは餌を求めて広範囲を移動するが、その速度は50km/hに達する。人間の短距離走者でさえ、最大で40km/h程度しか出せないことを考慮すると、幼児が移動に耐えられるとは考えにくい。

 ・暗闇で目が光る、犬歯が異常に発達しているなど、生物学的にあり得ない記述が多々ある。


 一方で、1975年、イギリスのチャールズ・マクリーンは、ゲゼル児童発達研究所の屋根裏で発見したシングの残した多数の文書を元に、現地調査を行いました。その結果、次のことが解明されました。

 ・オグバーンの調査の結果とは異なり、アマラとカマラがオオカミのように振舞っているのを見たという証言が得られた。シング牧師に敵意を持っていると思われる人であっても、アマラとカマラの逸話の真実性を疑っているわけではなかった。

 ・ゴダムリ村は発見された。しかし、村の名前が「ゴラバンダ」に変更されていた。村人たちから、チュナレム(シング牧師に化け物退治を依頼した人物)が、数年前までその村にいたことの証言も得られた。

 ・さらに、近くのデンガナリア村に住むラサ・マランディという老人は、16歳だった当時にシングとともにアマラとカマラの保護に参加したと証言した。

 ・オグバーンの論文で指摘された地方紙「ミドナポール・ヒアタイシ」のほかにも、「ステーツマン」誌やシング牧師が福音伝道協会に宛てた書簡、そしてシングのかつての教師であるブラウン神父の書簡といったものに「アマラとカマラはサンタル族によって保護され、その後シング牧師に引き渡された」と記されており、いずれもシング牧師の日記と矛盾していることがわかった。

 なぜこのような食い違いがあるのかについて、マクリーンは詳細は不明としながらも、シング牧師が2人の救出時に狩猟者の役割をしたことを伝道協会に知られたくなかった可能性や、野生児見たさに孤児院に殺到する見物人に辟易して矛盾を含んだ話をするようになってしまったという可能性を提唱しました。

 しかし、このことによっても、アマラとカマラが狼に育てられたことが証明されたわけではありませんでした。後の研究では孤児院のための金銭確保を目的に口裏を合わせていたことが判明しています。

 フランスの外科医、セルジュ・アロール(Serge Aroles)によると、「アマラとカマラ」は野性児の考察においての最もスキャンダラスな詐欺事件であるとしています。彼は自身の著書「オオカミに育てられた謎の子供たち」で、この事件の研究について以下の様な指摘をしています。

 ・シング牧師が書いたと主張する日記「2人のオオカミ少女たちの毎日」は、間違いである。これは、インドでカマラの死の6年後の1935年に書かれたものである(原稿はワシントンD.C.にあるアメリカ議会図書館の原稿部門に保存されている)。

 ・四つ足で歩き、生肉を食べたりするなどしている2人の写真は、彼女たちが死んだ後の1937年に撮影されたものである。この写真は、ミドナプールから来た別の女の子たちがシングのリクエストに応じ、ポーズをとっているのを撮影している。

 ・その写真の中の女の子の身体と顔は、実際の写真のカマラのものとは、完全に異なるものであった。

 ・孤児院を担当していた医師によると、(シング牧師によってでっち上げられた)とても鋭利で長い歯や、固定された関節での四足歩行や、夜間に強い青の光を放つ夜行に適した眼などに類似したものを、カマラは一切持ち備えていなかった。

 ・1951年から1952年にかけて集められた信頼できるいくつかの証言によると、シング牧師は、見物人の前でカマラが自分の言ったようにするように、暴力を振るっていた。

 ・この詐欺は、金銭的な儲けを得るために引き受けられた。

 ・アロールは、シング牧師とロバート・ジングとの間でアマラとカマラで金銭的利益を得ることができるという確信が表現されている内容の手紙がある。

 ・シング牧師の日記の出版の後、ロバート・ジングは孤児院を維持するための資金を必要としていたシング牧師に500USドルの印税を送った。


 「アマラとカマラ」という逸話の真実性を巡っては、その後も様々な論争を呼びました。現在では、ヒトがオオカミに育てられるのは生態上困難であることなどから、研究者達により彼女たちは野生児ではなく自閉症もしくは精神障害の孤児だったと考えられています。また、その様な背景からシング牧師の話には創作がかなり含まれているのではないかと推測されています。